外を知ると内も知れることにつながるの

先日、知り合いと海外旅行の話で盛り上がりました😃

その人はアメリカにしばらく生活していた経験があり、日本にいたらほんと!?と思っちゃうような、国の文化の違いや日常の大変だったエピソード、おもしろ体験など、いろいろ教えてくれました。

僕は、中学生の頃にカナダのバンクーバーに行ったのと、2年ほど前に中国の香港に行ったのしか、海外経験はありません。

しかも1週間もないくらいの滞在日数で、両方とも海外から来た人でも動きやすい都市なので、多少はトラブルには巻き込まれましたが(笑)、そんなに苦労なく海外を楽しんでたよな、と振り返ると感じます。

僕ももともと旅というか、外をふらっとするのが好きで、国内でもプチ旅行とかもしていたので、そういう話を聞いてると、僕もこれからの人生で、海外のいろんなとこに行けたらいいなあなんて思いました😇

日本にも海外にも、どこにも、良さ悪さはあるものですが、ひとつの環境のなかでずっといて生活をしていると、見えないもの知ることができないことはたくさんあります。

それは生きてる自分の世界がどうこうだけの話じゃなく、人との関係や仕事についてなど、何事にも言えるんだと思います🤔

内を見ながら外も見るっていうのは、ひとりの世界で溺れないためにも大事だなと、改めて気付かされました🙏

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。